ときどきリアルタイムな発電状況(気まぐれです。)

2012年05月29日

読売の5/29の社説には驚いた

この社説を書いた方は本気で思っているのだろうか?

世論を誘導させよと誰かから指令を受けているとしか思えない社説だ。

そもそも、原発の使用済み核燃料の処理の問題が未解決のままなのに、
これから発展させようとする再生可能エネルギーの技術革新に関して、
過度の期待は禁物だとか、実現可能性を検証すべきといっている。

であれば、もんじゅの実現可能性は検証すべきではないのか?
使用済み核燃料処理工場の六ヶ所村の本格稼働の実現可能性を検証すべきではないだろうか?

原発の負の部分を解決(あるいは隠蔽)しようとして今までどれだけの税金が使われたのか
考えてほしい。

今の日本の現状を憂う、社説を書いた人の気持ちはわかる。
しかし、このような社説を読んで、「まったくその通りだ」と思う人は、
どれくらいいるのだろうか。

原発に過度の期待は禁物だといいたい。


posted by ymurai at 06:19| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]