ときどきリアルタイムな発電状況(気まぐれです。)

2011年08月31日

温度補正がどうもあやしい。満充電するためのヒント

なぜ、蓄電池が満充電しないかわかった気がする。

どうも、sunsaver mppt についている温度センサー(おそらく10KΩのサーミスタ?)
が内部の熱のせいで実際の温度より6度〜8度ぐらい高くなっているようだ。

したがって、実際の充電電圧も、-0.031V/C の温度補正によって、0.18V〜0.24V ぐらい低く
なってしまう。

たとえば、デフォルトでは、AGMバッテリーのAbsorption voltage(定電圧充電での電圧)は
25度で、14.3V だから、25度での充電電圧は、14V ぐらいになってしまう。
これでは、満充電はできない。

現在使用しているバッテリーは、新神戸電機のSC38-12 であり、
サイクル使用での充電電圧は、15V ぐらいだ。(問い合わせると、18Vぐらいまで大丈夫らしいが
、16.5V ぐらいがいいようだ。でも心配だから15Vにしている)
したがって、実際は、14.7Vぐらいになってしまう。

これを解決する方法は2つある。

1. 充電電圧を実際より0.2V ぐらい上乗せして設定する。

2. リモート温度センサーを付ける。

1.の方法は試した。早速効果が現れた。
いつも帰宅して電圧を調べるのだが、12Vのバッテリーあたり、
12.6V ぐらいだったのが、12.8V ぐらいまであがっていた。よって、24Vシステムでは、
25.6V 程度。いい感じである。

2.の方法は、RTSを購入しないとだめだと思われるが、
失敗覚悟で、25度で10KΩになるサーミスタを購入して
接続したところ、うまくいっているようである。

2011-09-03 19.56.53.jpg


本当は、morningstar 社の純正品を購入した方が安心できるが、
サーミスタは150円程度という激安であり、
すぐにマルツパーツに行って購入できるので、
よさげかと思われる。



posted by ymurai at 21:34| Comment(0) | sunsaver mppt
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]