ときどきリアルタイムな発電状況(気まぐれです。)

2011年08月08日

バルク充電、吸収充電、フロート充電

バルク充電(bulk)とは?

- 電流を調節(regulate)し、電圧を調節しない充電モード。通常は、なるべく多く電流をバッテリーへ送るモード。このモードで75%〜80%充電する。ちなみに、充電器の場合は、定電流モードのことだと思われる。ソーラーパネルから充電する場合は、変動するので、そもそも定電流では充電できないので、
とにかく、電流を多く送るモードになっている。

吸収充電(absorption)とは?

- 電流と電圧の両方を調節するモード。バルク充電が終了したあと、あらかじめ設定された閾値(電圧)を超えると、電流を制限(減じる)し、電圧をコンスタント(定電圧)に保つ。バッテリーは、残された20%程度の電流を吸収(absorb)し、ゆっくりと満充電に向けて充電していく。
吸収という言葉を用いるのは、バッテリーの擬人化だろう。
英語ではバッテリーを主語として、バッテリー「が」電流を吸収するという表現を用いる。
 この吸収充電の時間はを正しく設定しないと、満充電にならない。
なお,吸収充電電圧は,鉛蓄電池の種類によって異なるが,AGMバッテリーだと,14V〜15V程度である。

フロート(float)充電とは?

-電圧を調節するモード。吸収充電のあと、吸収充電の電圧よりも低い電圧で、微弱な電流を流し、満充電の状態を維持する。フロート充電の際の電圧は,13.8V程度である。満充電になると,13.8Vでは,微弱な電流しか流れない。このような充電をトリクル充電ともいう。


posted by ymurai at 08:37| Comment(1) | 専門用語・英語
この記事へのコメント
初心者ですソーラーチャージャーの充電方法でモヤモヤしていた事がスッキリしました。
今は取り扱い説明書が理解出来てスッキリです有難うございました。
Posted by 壁村敏郎 at 2013年11月08日 16:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]