ときどきリアルタイムな発電状況(気まぐれです。)

2013年08月09日

ハイブリッドシステム

久しぶりの投稿だ。
我が家の物置に、200Wのパネルを設置し、震災の年の8月ごろに設置して、すでに2年が過ぎた。
現在は、チープなシステムにも関わらず、LED照明はまったくトラブルなく稼働している。

この間、いろいろ忙しく、記事の更新ができなかったが、その間に、
制作した電子回路は、

1.PICを用いたデジタル電圧計 2.ドロッパ型定電流電源 3.sun saver MPPTが過放電保護のため、電力供給を遮断したときに、自動で、鉛蓄電池を充電するシステム

を作成した。

それぞれの回路図はいずれアップする予定だ。

鉛蓄電池は、やはり、24V以上で使うのが長持ちするみたいだ。
今までは、23Vぐらいまで使って、遮断していたが、
24.2Vを下回ると、遮断するように sun saver MPPT で設定を行い、
遮断したときに自動で、鉛蓄電池を26.5Vぐらいまで充電して、その後、充電をストップする
電子回路を作成した。
2.はスイッチング電源ではないので、効率が悪いが、まだスイッチング電源は試作段階で
開発がストップ中。

とりあえず、今は、安定して動いている。


雨の日が続くときは、どうしても鉛蓄電池の電圧が低下し、システムが電源供給を遮断する。
一瞬室内が真っ暗になるが、10秒足らずで、復帰する。

このシステムのおかげで、鉛蓄電池が、24Vを下回ることはなくなった。


おそらく、今後、電池の電圧が減ったときだけ、電力会社からの電気を電池に充電するような
準独立型電源システムも考案されるのではないかと思われる。
posted by ymurai at 00:13| Comment(0) | 感想・意見・主張など