ときどきリアルタイムな発電状況(気まぐれです。)

2013年08月09日

ハイブリッドシステム

久しぶりの投稿だ。
我が家の物置に、200Wのパネルを設置し、震災の年の8月ごろに設置して、すでに2年が過ぎた。
現在は、チープなシステムにも関わらず、LED照明はまったくトラブルなく稼働している。

この間、いろいろ忙しく、記事の更新ができなかったが、その間に、
制作した電子回路は、

1.PICを用いたデジタル電圧計 2.ドロッパ型定電流電源 3.sun saver MPPTが過放電保護のため、電力供給を遮断したときに、自動で、鉛蓄電池を充電するシステム

を作成した。

それぞれの回路図はいずれアップする予定だ。

鉛蓄電池は、やはり、24V以上で使うのが長持ちするみたいだ。
今までは、23Vぐらいまで使って、遮断していたが、
24.2Vを下回ると、遮断するように sun saver MPPT で設定を行い、
遮断したときに自動で、鉛蓄電池を26.5Vぐらいまで充電して、その後、充電をストップする
電子回路を作成した。
2.はスイッチング電源ではないので、効率が悪いが、まだスイッチング電源は試作段階で
開発がストップ中。

とりあえず、今は、安定して動いている。


雨の日が続くときは、どうしても鉛蓄電池の電圧が低下し、システムが電源供給を遮断する。
一瞬室内が真っ暗になるが、10秒足らずで、復帰する。

このシステムのおかげで、鉛蓄電池が、24Vを下回ることはなくなった。


おそらく、今後、電池の電圧が減ったときだけ、電力会社からの電気を電池に充電するような
準独立型電源システムも考案されるのではないかと思われる。
posted by ymurai at 00:13| Comment(0) | 感想・意見・主張など

2012年08月10日

空気マグネシウム電池の試作

ソーラーとは関係ないが、子どもの夏休みの自由研究の手伝いをきっかけに、
空気マグネシウム電池を試作した。



コーヒーのフィルタに活性炭を砕いたものを入れて、そこに、
銅の網をさす。
そして、マグネシウム板をつけて、輪ゴムで固定する。
塩水をスポイトでフィルターに垂らすと、1.5V程度の電圧が発生する。

モーターは勢いよく回りだした。

マグネシウム電池は、これからの電池らしい。
しばらく使っていると、マグネシウムの表面に、水酸化マグネシウムができてしまい、
電気が流れなくなるそうだ。

これは、鉛蓄電池のサルフェーションみたいなものかもしれない。

水酸化マグネシウムは、水に溶けにくい。
これを水に溶けやすくする物質が発見されているそうだ。



その後、午後4時までモーターが回り続けていた。

およそ、20時間回り続けていたことになる。

モーターの電圧はほとんど一定で、0.7V程度で、88mAほど流れていた。
開放電圧が、1.5Vであったので、内部抵抗は、(1.5-0.7)/88mA=9オームぐらいであった。

容量は、20×88mA=1760mAh であった。
2.5cm×7cm=17.5平方センチメートルのマグネシウムがほとんど消失していたので、
厚さ0.4mmのマグネシウムでは、1平方センチメートルあたり、100mAhの容量だと推測できる。

おそらく作り方によって変わるかもしれないが、今後の試作の参考となった。

posted by ymurai at 21:46| Comment(0) | 日記

2012年07月01日

大飯原発再稼働と創薬の開発

大飯原発が再稼働する。
どんなシステムでもそうだが、再稼働は緊張するものだ。
何か新しく作ったシステムを作った場合は、一回で
うまくいくなんてほとんどない。

ソフトウェアでいえば、電源のスイッチを入れて、
ブートローダという最初のプログラムがうまく
起動することだ。


今回は、実際に動いていたものだから、大丈夫だとは
思うが、こうなってしまったからには、ちゃんと稼働してもらいたい。

稼働だけに焦点がいっているような気がするが、
動かすことによって、使用済み核燃料が増えていく。

「トイレのないマンション」の問題を忘れてはいけない。

---------------------------------------------------------------


昨日、NHKで薬の開発が日本で思うようにできない問題があるという
報道があった。
臨床試験が日本ではできず、それに業を煮やした日本の優秀な
研究者が海外で創薬の研究をするそうだ。

海外で日本人が開発された薬が日本に逆輸入されている。

この原因も縦割り行政にあるとのことだ。

本当にそれだけの理由だろうか?
またここにも既得権益がひそんでいるのではなかろうかと
勘繰ってしまう。
抗がん剤が売れなくなると困るものがいるからか?

日本では行く手を阻むものはすべて既得権益だと仮定すると
なんか妙に納得してしまうのだ。

今回の原発事故も、既得権益に安住した結果、起こしたことだ。

既得権益に安住しているうちに、徐々に海外の製品、技術が
アイディア、サービスが台頭してきそうだ。

僕はどうすることもできない。








posted by ymurai at 08:06| Comment(0) | 日記

2012年06月28日

太陽光とは関係ないが

増税すると、税収が増える。
税収が増えると、日本はまだ大丈夫だと思うから、
国債を買う海外投資家が増える。
すると、円高になる。
円高になれば、株式が海外から買われなくなる。
株安が起きる。
株安が起きれば、購買意欲が失われる。
ますますデフレになる。
リスクを負う投資家が減る。

増税しないと、税収が減る。
国債のデフォルトリスクが高まる。
海外投資家が国債を売る。
国債価格が下がり、利回りが高まる。
すると、円安になる。
円安になると、輸出が増える。
輸出が増えると、企業がもうかる。
企業が儲かれば、GDPが増える。
GDPが増えれば、税収が増える。

あれっ?

やっぱり、消費税はあげない方がいいのでは?
posted by ymurai at 21:37| Comment(0) | 日記

2012年05月29日

読売の5/29の社説には驚いた

この社説を書いた方は本気で思っているのだろうか?

世論を誘導させよと誰かから指令を受けているとしか思えない社説だ。

そもそも、原発の使用済み核燃料の処理の問題が未解決のままなのに、
これから発展させようとする再生可能エネルギーの技術革新に関して、
過度の期待は禁物だとか、実現可能性を検証すべきといっている。

であれば、もんじゅの実現可能性は検証すべきではないのか?
使用済み核燃料処理工場の六ヶ所村の本格稼働の実現可能性を検証すべきではないだろうか?

原発の負の部分を解決(あるいは隠蔽)しようとして今までどれだけの税金が使われたのか
考えてほしい。

今の日本の現状を憂う、社説を書いた人の気持ちはわかる。
しかし、このような社説を読んで、「まったくその通りだ」と思う人は、
どれくらいいるのだろうか。

原発に過度の期待は禁物だといいたい。


posted by ymurai at 06:19| Comment(0) | 日記

2012年05月21日

白色LEDの光は日食観察用サングラスでも見える

LEDの光を直接見ないようにと、注意書きがしてある理由がよくわかった。

たまたま金環日食観察のために購入したヴィクセンの太陽観察用サングラス。
試しに、蛍光灯を見てみると、全く見えない。

ところが、設置したLED照明を見てみると、白色LEDのつぶつぶが見えるのだ!!
なんと、太陽の光に匹敵する(ちょっと大げさだが)明るさだ!!

市販のLED電球も見える!!

光る面積は小さいが、ものすごい、光の強さだ。

LED照明を自作するために、LEDユニットを購入し、頻繁に発光を肉眼で見てきた。
これは、危険だ。

これからは、気をつけよう。


posted by ymurai at 21:45| Comment(0) | 日記

2012年05月20日

春は発電する

独立型太陽光発電を初めて、もうすぐ1年が過ぎようとしている。

購入したバッテリーがミスで上がってしまい、
現在は、WP26-12×2で運用している。

初期電流が、7.8Aのため、今は、sunsaver MPPT の電流制限を行って運用している。(もったいない)

今日は晴れなので、ガンガン発電している。
600Wの電熱線でお湯を沸かし、お茶を飲み、
パソコンも、動かしている。

テレビもつけている。

それでも、バッテリーの電圧は、25.3V ぐらいある。

余剰電力を有効に使うためには、100W×2枚のパネルだと、26Ah では小さすぎる。

先日、電熱線600W で無理に放電させたところ、一日で、45Ah の発電量があった。
24Vシステムだから、約1kwh の発電量だ。

やはり、50Ah あるいは 100Ah 程度のバッテリーが最適だ。
posted by ymurai at 09:54| Comment(0) | 今日の発電量

2012年05月13日

すべてのことを考慮して主張することはできない

うまくいえないけど、すべてのことを考慮に入れて主張することはできない。
だから、原発推進派も、反原発派も、段階的廃炉派も、それぞれ主張をすることができる。

そのことをちゃんと前置きをした上で、言っている人は、少ない。

例えば、

「タバコと癌の因果関係はそれほど高くない」と主張する人を
禁煙政策を反対する人と決めつけて、その人に対して反論する禁煙政策の推進派の人たち。

タバコと癌の因果関係があるから、禁煙政策を推進していると断定する、禁煙政策を反対する人たち。

しかし、中には、「煙たいからやめてほしい」と考えている人もいるのだ。


そもそも、やる、やらないの議論は、結局それぞれの立場で都合のいいように解釈、あるいは事実誤認、
あるいは意図的に事実誤認をしないと、主張すらできないのではないだろうかと思えてくる。

いろんなことを考えると、反論も主張もできなくなってくる。

僕は頭が悪いのだろうか。



posted by ymurai at 08:17| Comment(0) | 日記

2012年04月25日

ポジショントーク

大飯原発の再稼働について問題になっているが、
地元の経済が疲弊するからと報道されてると、
それは、ポジショントークだと捉えてしまう。

この間BSフジで福井出身の議員が発言していたが
ポジショントークの嵐だった。

安全であると主張する政府も、原子力安全保安院もポジショントークだ。
福島原発が収束したと宣言するのもポジショントークだ。

説得力のないポジショントークにうんざりしているのは
僕だけだろうか。

自分にとって有利なように世論を誘導するというポジショントークが
日本という国で原発を54基(福島を廃炉すると50基) も建設してしまった。

橋本知事のいう、原発は安全ではない、しかし、供給が足りないので
やむを得ず稼働するという手続きの方が納得がいく。

これであれば、ピーク時の電力不足を回避できれば、また、
稼働を止めるということができる。
なるべく、稼働しないで、かつ、需要を満たすように稼働するという
選択肢もある。

とにかく、なるべく稼働せずにすませてほしいと願っている。
posted by ymurai at 23:00| Comment(0) | 日記

2012年04月15日

初めて太陽光発電でお湯をわかす

今日は、晴れの日。
春なので、太陽光の入射角度も高くなっているので、あっという間に吸収充電に移行する。

LED照明だけでは発電した電力を消費しきれないので、
ケーヨーデーツーで買った電熱線を、太陽光発電で充電したバッテリーにつないである
インバーターから出力される交流でお湯を沸かしてみた。

電熱線の電力は、325Wと625Wの切り替え方式。
325Wだと、計算上約13Aもの電流がバッテリーから流れる。
さすがに、625Wはきついので、時間はかかるが、
325Wでやかんに飲むだけのお湯を入れて沸かしてみた。

待つこと、10分。
ちゃんと沸騰した。

今日一日の発電量は、30Ah であった。
いつもは、13Ah 程度なので、やはりお湯を沸かすのには
かなりの電力を消費する。

晴れの日でないとちょっと難しいかもしれない。

パネルの増設がしたくなった。



posted by ymurai at 23:06| Comment(1) | 日記